エージェントから今の職場に戻るべき!と叱責された経験

数年前、激務の為うつとなり、何ヶ月か休職することとなりました。
薬と、休みのお陰で、いくらか気分は回復してきたもののどうしても現職に戻る気持ちになれませんでした。
職場が怖い、またうつになるのが怖い、という思いが非常に強かったのです。

そこで私は、現職が嫌ならば他へ逃げよう、と安易に考え、ある転職エージェントに面談を申し込みました。
現職での経験を踏まえ、どのような職があるかを相談していたのですが、
話の流れ上、なぜ転職したいか、という理由を隠し切れないと思い、
現状、うつで休職中であることを打ち明けました。

その時に、エージェントの方から、
「つらくても、今の職場に戻るべきです」
と諭されたのです。

この言葉には、2つの理由がありました。
1つは、休職中というのは、言い方は悪いですが、仕事もせず家でごろごろしているだけの状態です。
とても仕事をしている時のような明晰な頭脳状態、体力ではありません。
そんな状態で、いきなりなれない職場、なれない仕事に放り込まれたらどうなるでしょうか。
今冷静に考えれば、そんな大きなストレスに、心も体も耐えられるはずは無いのです。
そんな当たり前のことを想定できないでいました。
もう1つは、転職者を受け入れる、企業側の考えです。
企業は、休職していました、新しい仕事ができるか分かりません、という状態の人間を果たして雇おうと思うでしょうか。
そんな甘いものではありません。
むしろ、そういった人間でも歓迎、という職場はきっと、今よりも悪い環境であるはずだ、と推測して当然でした。

今の職場から逃げたい一心だけで、視野が狭くなっていた私に、エージェントはがつんと目を覚ます一言をくれたのでした。
結果として、その方との面談を境に、いずれ転職する為に、まずは現職へきちんと復帰しよう、と決意に至り、
一ヵ月半かけて復職、通勤訓練、時短勤務を経て、半年後には通常勤務が可能になりました。
(この時点で、休職者がフルタイムで働くことのつらさを改めて実感しました)

その後、普通に仕事に戻ることができた私は、改めて転職活動を行い、新しい職場で、
自分の新しい可能性を日々のぞいているところです。
あのエージェントさんに出会わなければ、いつまでも休職状態から復帰できなかった、と思うと、感謝してもしきれません。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です