ブランクが空いた転職活動にエージェントを使用した経験

1年以上のブランクが空いた転職活動の際に役立ったのが、転職エージェントでした。
正直、自分ではどのように就職活動をしたら良いのかも分からない状態だったので、手助けをしてもらいたいというのがきっかけで利用しました。
これまでの自分のことやどんな仕事に興味があるのか、どういった仕事がしたいのかをじっくり考えて、それに合わせて仕事を紹介してもらったり、書類や面接についても指導やアドバイスももらいました。

1年以上のブランクだったので、正直気持ちがだらけてしまった部分も大きくなかなか気持ちが乗らなく、仕事探しに身が入らないこともありました。
そうしたときも喝を入れてくれ、真剣に向き合わなければを思い改めてくれました。

書類や面接についての指導は特に役立ちました。
自分一人ではなかなか書類作りも面接対策も難しかったり、自信が無かったりして行動ができない部分もありましたが、悪いところを指摘してもらうことで自分が直した良いところを分かった上で書類作りや面接対策ができたので、書類が通過する確率が上がったり、面接でも落ち着いた対応が徐々にできるようになってからは、色々な職場を見てみたいと思えるようになりました。

自分一人で転職活動をしていたら、こんな感じかなとかこんなんで良いやという中途半端な気持ちでやっていただろうと思いますが、転職エージェントを利用することで仕事の探し方から書類の作り方、面接対策にいたるまで幅広いアドバイスや指導を受けることができたことでブランクがあっても安心して転職活動を行えました。

厳しい指導でくじけてしまいそうなことも多々ありましたが、倍率の高い会社の面接試験を突破できたときは一緒になって喜んでもらたえたりすると頑張って良かったと思いました。

転職活動は自分との闘いとなるので、自分では見えなかったり、分からない部分をアドバイスや指導をしてもらえる転職エージェントの力を借りて行えたことで自分一人では出来ないことも沢山発見できたので、有効な方法でした。

医師 転職 産業医

エージェントから今の職場に戻るべき!と叱責された経験

数年前、激務の為うつとなり、何ヶ月か休職することとなりました。
薬と、休みのお陰で、いくらか気分は回復してきたもののどうしても現職に戻る気持ちになれませんでした。
職場が怖い、またうつになるのが怖い、という思いが非常に強かったのです。

そこで私は、現職が嫌ならば他へ逃げよう、と安易に考え、ある転職エージェントに面談を申し込みました。
現職での経験を踏まえ、どのような職があるかを相談していたのですが、
話の流れ上、なぜ転職したいか、という理由を隠し切れないと思い、
現状、うつで休職中であることを打ち明けました。

その時に、エージェントの方から、
「つらくても、今の職場に戻るべきです」
と諭されたのです。

この言葉には、2つの理由がありました。
1つは、休職中というのは、言い方は悪いですが、仕事もせず家でごろごろしているだけの状態です。
とても仕事をしている時のような明晰な頭脳状態、体力ではありません。
そんな状態で、いきなりなれない職場、なれない仕事に放り込まれたらどうなるでしょうか。
今冷静に考えれば、そんな大きなストレスに、心も体も耐えられるはずは無いのです。
そんな当たり前のことを想定できないでいました。
もう1つは、転職者を受け入れる、企業側の考えです。
企業は、休職していました、新しい仕事ができるか分かりません、という状態の人間を果たして雇おうと思うでしょうか。
そんな甘いものではありません。
むしろ、そういった人間でも歓迎、という職場はきっと、今よりも悪い環境であるはずだ、と推測して当然でした。

今の職場から逃げたい一心だけで、視野が狭くなっていた私に、エージェントはがつんと目を覚ます一言をくれたのでした。
結果として、その方との面談を境に、いずれ転職する為に、まずは現職へきちんと復帰しよう、と決意に至り、
一ヵ月半かけて復職、通勤訓練、時短勤務を経て、半年後には通常勤務が可能になりました。
(この時点で、休職者がフルタイムで働くことのつらさを改めて実感しました)

その後、普通に仕事に戻ることができた私は、改めて転職活動を行い、新しい職場で、
自分の新しい可能性を日々のぞいているところです。
あのエージェントさんに出会わなければ、いつまでも休職状態から復帰できなかった、と思うと、感謝してもしきれません。

医師 転職

健康のために気を遣っている3つのこと

私が健康に気を付けていることの一つ目は朝食をとらないことです。

以前は朝食はとらなければならないものだと思い込んでいましたが、ある本を読むと成長期でなく、そして朝から体を使う人でなければ朝食はいらないと書かれていました。

私は基本的に机に座って過ごしているのでその通りにしたら快適に過ごせています。

二つ目は夜の歯磨きを3分以上やることです。

本当は食事ごとに3分歯磨きをやるべきだそうですが、私はそれは面倒だと夜だけそうしています。

それでも効果はあってずっと虫歯なしなので十分なようです。

歯磨き粉はあまり意味がないとどこかで読んでから使わないようになり、自分の唾液だけで歯を磨いています。

そして三つ目、最近は21時から22時とかなり早めに寝ています。

22時前に寝ると成長ホルモンが出ると読んでからそれを実践し始めたのですが、いつしか面倒になって22時過ぎ、23時過ぎと寝る時間は遅くなっていきました。

しかし、最近インフルエンザにかかったためにまた早く寝るようになったのですが、非常にぐっすり眠れて快適です。

インフルエンザはもうほとんど治っており、時々咳が出るくらいなのですがこのまま早寝早起きを続けようかと思っています。

黒梅日和 楽天

凧あげって楽しい

こんにちは、今日は凧あげにいてお話ししたいと思います。

凧ですが、たこはたこでも空に揚げる凧です。凧をあげる機会がだんだん少なくなってきたように思います。それはもう大人だからかもしれません。小さいころはよく凧をあげていた思い出があります。それは小学校のころですけど、冬によくやっていた記憶があります。当時、流行ったのが、ゲイラカイトです。ゲイラカイトとは、ゲイラという会社の三角形のビニール製の凧(カイト)の商品名です。このような凧の総称でゲイラカイトと呼んでいた。そのゲイラカイトは、凧と違いビニール製であり、形が三角形で、一番と特徴は、左右に目玉が描かれていた。その目玉が血走っている感じが飛びそうな雰囲気がある。

そのゲイラカイトを空き地といっても田んぼの真ん中で飛ばしていた。凧あがりがいいのは、みなさん知っていると思いますが、風がある程度強い日が凧あげに適した日である。普通の凧をあげたことがあるが、普通の凧はコツが必要であるが、ゲイラカイトはすんなりと空へ飛んでいく。そしてあっという間に、糸を全部出し切ってしまう。大空にあがるゲイラカイトをみると清々しく思えた。こんど、息子とゲイラカイトを空高くあげたい。

アフィリエイト kyoko塾

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !